• トップ

受験に向けた効果的な勉強法

高校や大学に入学するためには、学校推薦や中高一貫校など特殊な方法もありますが、基本的には受験をしなければなりません。入学したい学校の試験を受けて、学校側が求める学力があることを示す必要があります。学生は合格するために受験勉強をしますが、その期間や1日の勉強時間は様々です。部活に打ち込んでいる人もいれば、恋愛に夢中になっている人もいます。勉強だけがすべてではない中で、いかにして勉強時間を確保し、入学したい学校に合格するかが重要です。勉強時間を確保する前に重要なことは、勉強することに慣れることです。受験勉強でありがちなことは、いざ受験に向けて本格的に勉強しようとしたときに、勉強することに慣れていないと、集中することができずに効率が悪くなってしまいます。そうならないためにも、部活や恋愛中心の時でも、毎日1時間は集中して勉強する習慣を身に付けておく必要があります。そうすることで、効率的な勉強ができるようになります。勉強時間に関しては、できるだけ長い時間を確保する必要がありますが、小まめに休憩時間を入れると効果的です。学校の授業と授業の間に休み時間があるのは、1度リフレッシュすることで、集中力を保つ意味を持っています。それと同じ理由で、自宅で勉強する際も、休憩時間を確保するようにします。このように、受験に合格するためには、ただ勉強時間を確保するだけではなく、効率よく勉強することが重要になってきます。

↑PAGE TOP